横浜市民放送局ネットワーク - トピック返信
広瀬隆氏講演会 2011.6.18 横浜
【返信元】 今、求められている「情報」とは
2011年06月20日 12:14

広瀬隆氏講演会 2011.6.18 横浜
「恐怖の福島メルトダウン事故は何を教えたか─ 私たちはなにをすればいいのか」
2011年6月18日(土)11時~13時 6月の9条学校(主催 九条かながわの会)の全体会として、横浜市開港記念 会館ホールにて行われた広瀬隆氏の講演を生中継しました。
イベント詳細はこちら
http://www.kawagou.org/topics/9jyosc_6.pdf

アンテナが2本立っていたので、最初はwimaxで配信を始めたのですが、頻繁にサーバエラーが出るので、広瀬さんの講演の前にイーモバに代えました。

開港記念会館はイーモバのほうが上りは速いみたいです。最近、イーモバを見直しています。

朝出かける前に急遽、配信ソフトのwebcamMAXのバージョンアップ版をインストールしたのですが、途中の設定を間違えたみたいで、ユーストが認識してくれなくて、結局ピクチャーインピクチャーは諦めて、高橋さんのカメラ一台を生かすことになりました。広瀬さんの講演は、パワポをメインに活用した講演なので、パワポの画面がしっかり撮れていたので、視聴者には分かりやすかったのではないかな。こちらはパソコンの調整に悪戦苦闘していたので、カメラをやってもらって助かりました。

視聴者数は最初のうちは20くらいだったのですが、12時を過ぎるあたりから増え始め、最後には50を超えました。昼休みだからかな?
特に宣伝もしてなかったのに、やはり皆さんの関心は高いんですね。
ユースト録画の閲覧数は今現在2300.
http://www.ustream.tv/recorded/15457290

 広瀬さんの講演内容は、原発の危なさの解説に絞っていました。
メルトダウンが、なぜ起きたのか。けして想定外な未曾有の規模の地震と津波のせいではなく、これから普通に起こりうる規模の地震と津波でも、日本中の原発がメルトダウンするであろう理由を技術的にわかりやすく解説してくれました。

そして、日本は阪神淡路大震災以後、地震の活動期に入っており、今回の東北規模の地震と津波は続いて起こる確率が高いこと。一番可能性が高い東海沖地震で静岡の浜岡原発がメルトダウンしたら首都圏は全域「避難区域」になってしまうこと。実際、今の福島の被爆状況は、水俣病のように数十年にわたり相当の人数の発症が出ることが予想されるほど実は深刻であることを指摘していました。

時間がなくて、では私たちはどう対処するか、代替エネルギーをどうするかといった話までは進みませんでしたが、地震と原発の関連はあらためて考えさせられる話でした。原発推進論者が言う、1000年の一度の震災と津波が起きたのだから事故は仕方ない、想定外の天災なんだという論調は、実は安全神話と同じ類の「デマ」なのでしょう。

自分の身は自分で守る必要を再確認しました。「みんな一緒に」なんて奇麗事は欺瞞です。
みんな一緒に同時に同じ行動をとるからパニックになるのです。
個々が様々な行動をとることで、誰かが生き残ることが、種の継続のために必要なことなのでしょう。

書き込みツリー表示