横浜市民放送局ネットワーク - トピック返信
三脚は何を買う?
【返信元】 最近の機材の動向
2011年12月17日 23:18
三脚を買いたいのだけど何がいい?
と悩む貴方へ。

三脚は万能なモノは無く、用途によって使い分けるしかありません。
こんなときはこんな三脚があったらいいな、と軽い財布と相談しながら購入していったら、我が家には10本位の三脚が転がっていることに。

そんな経験から、一般消費者向けのお財布に優しい三脚をご紹介。
なお、使用するビデオカメラは1㎏以下の民生用とします。

では安い順に。(表示価格は全て送料込) 2011.12.17現在

■キングFotopro DIGI-3400
http://kakaku.com/item/K0000244116/
1345円 約570g 全高1,200mm

秋の旅行前にたまたま店頭で発見し、この安さなので衝動買い。
出来るだけ荷物を減らしたかったので、カメラもコンデジ動画にし、超軽量の三脚を探していました。
全高1200mmは、カメラが胸の位置に来るので、広角で人物を撮っても頭でっかちにはなりにくい高さ。風景にはちょっと腰を屈めなければならないんですけどね。で、軽さからヘナヘナかと思いきや、実物は意外としっかりしているのです。雲台はクイックシューが付いているので便利なんですが、さすがにパンやチルトはカクカクです。ですから余裕があるときは脚を伸ばして固定撮影に使い、忙しいときは縮めてウエストポーチに載せてカメラサポートとして使いました。
取材でも予備カメラを固定で廻しっぱなしにするときなど、軽いのでバックの隅に入れておけば何かと役に立ちそう。

■SLIK スプリント CL 
http://kakaku.com/item/K0000056130/
,505 870g 全高1,609mm

このところ、この三脚とベルボンの雲台PH-248
http://kakaku.com/item/K0000167725/
,718を組み合わせて使うことが多いです。
軽くて持ち運びしやすく、そこそこの高さを確保でき、造りもしっかりしています。
開脚角度が拡がるので、縮めて手持ち撮影のときの三点支持サポーターにも使えます。
三脚付属のボールヘッド雲台はビデオ用PH-248に交換しました。そこそこスムースにパンやチルトが可能です。
普段使いのバランスがいいので、出番が多いです。

※なお、最初からビデオ用雲台を付けた ビデオスプリント II
http://kakaku.com/item/K0000004449/
8,317もありますが、店頭でみることが無いので、雲台の使い勝手が不明です。

■SONY VCT-60AV
http://kakaku.com/item/10707510748/
,098 1,465mm、約1.3kg

ソニーのビデオカメラをお使いなら、最初の一本としてお薦めです。
何と言ってもリモコンが便利。ステージやスポーツ撮影のときなど、使ってみればその便利さがわかるはず。リモコンが使えるからソニーのビデオカメラを選ぶという人も多いです。プロ用のリモコンは、それだけで数万円することを考えれば、リモコンに三脚が付いてこのお値段なので超お薦めです。ちなみに私はこの三脚のリモコン部分だけを大型三脚のパン棒に括りつけて使ったりしています。
なおこの下位モデルの50AVのリモコンは無段階変速ではありませんので、リモコンだけ使いたいと言う方も60AVを。

■SLIK DST-43
http://kakaku.com/item/K0000229403/

,873 1,508mm 3,230g

この値段でありながら、急に本格的なビデオカメラ用三脚が今年登場。
「ねじれを抑えるダブルシャンク式の脚や、水平出しが早く確実なボールレベラー、LED照明付水準器、カウンターバランス機構を備えたオイルフリュード雲台、スライド式クイックシュー等プロ用ビデオ三脚として必要とされるあらゆる装備を備えています。」と。
ホンマその通りです。で、この超破格な安値。
やはり値段なりの造りではあるのですが、ビデオ撮影に必要な機能が全て備わっていて、何度も書きますが、この値段なら文句の付けようがないでしょう。
唯一の「欠点」?は、重さ。大きさとともに、普段持ち歩くのはしんどいです。
でも会場後方から最望遠で撮影したいときなど、このクラスの三脚は必携です。

■SLIK DAIWA VT-523
http://kakaku.com/item/10707010415/
,500  1,535mm  2,850g

私がステージ撮影の時などに主に使っているのがこの三脚。
重さは結構あるのですが、細く収まるので持ち運びしやすいのです。
でも、雲台にガタが出始めているので、そろそろ引退かなぁ。メンテナンスに出せばいいのか。

■SLIK カーボン 724 EXII
http://kakaku.com/item/K0000095254/
9,517 全高 1,724mm 1,870g

今、狙っているのがこの三脚。雲台は代えます。
一般的にカーボン三脚は、アルミ三脚より同じ重さなら剛性が高いです。
捩れ揺れ、ブレに強いのです。


★三脚は、最近の電子機器やカメラに較べて、一度買えば10年以上は使える道具でした。
しかし最近では技術革新の波が押し寄せ、例えばカーボン三脚は、どんどん安くなっていますので、逆に買い時が難しいほどです。必要な時が買い時、という電子機器やカメラの購入原則が、三脚にも当てはまる時代になったようです。

ということで、2012年2月9~12日 CP+(シーピープラス)2012というカメラショーがパシフィコ横浜で開催されます。
普段、実際に手に触れることが出来ないレアな三脚など周辺機器も、思う存分触りまくることができます。
動画撮影向けのデジタル一眼の新製品も予想されます。もちろん毎年恒例のモデルチェンジされたビデオカメラも実際に手に取ることができます。
急ぎでなければ、2月9~12日のカメラショーをみてから機器の購入を検討したほうがいいと思います。

書き込みツリー表示
最近の機材の動向 - 10/07/06 12:59 (橋本@CITV)