ビジネス・コミュニケイション・ヨコハマの「ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ 平成26年度 成果報告会2」
「ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ 平成26年度 成果報告会2」の書込一覧です。
ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ 平成26年度 成果報告会2
【閲覧数】2,245
2015年03月15日 11:01
ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ 平成26年度 成果報告会2

横浜市内の企業とクリエイティブな人材を結びつけて
新しい産業の創出をめざす
横浜市創造的産業振興モデル事業
「ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ」の平成26年度成果報告会が
3月13日、関内の象の鼻テラスであり、参加してきました
(横浜市文化観光局主催)。

2.発表
(1)山元淳平(バーニーズ ジャパン シニアディレクター)
・日本のファッションの現状
目の肥えた消費者が存在する一方で、ブランド・店舗ともに過多となっている
>消費者のブランド離れが起きている
>消費者に愛される・敬意を持ってもらえることが重要
>横浜はイタリアと同じくこの両方を得られる可能性がある

・時代の変化
グローバル→グローバルもローカルも
大ヒットは生まれない
昨日の成功は今日の失敗
安いだけでも売れない
顧客の囲い込みも時代遅れ
>思想やコンセプトを発信していく

・リーマンショック後 売れない
>セールス・ポイント増・売れ筋重視
>希少価値のあるおもしろさが減少
>顧客の支持を得られない
>儲からない

・悪循環を断つ
ブランドとしてどういう情報を発信するか
必要以上に情報を顧客に送らない
原点回帰
 TASTE, LUXURY, HUMOR
 =上質な商品へのこだわり
  ウイットに富んで楽しませる
  友人のような接客
 >スタッフのやる気も引き出す

・オムニチャンネル
シングルチャンネル=店舗
マルチチャンネル=店舗・アウトレット・ウエブ
オムニチャンネル=店舗とウエブの融合
 顧客はスマホの情報を見ながら店に来る

・横浜店のリニューアル
「ここにしかない」「横浜らしさ」のアピール
異業種パートナーととことん議論
 イタリアンサローネ(SALONE)の本店が入居
  日曜休店>新鮮な野菜が入らない
  盆暮れ休店>従業員の慰労
  子どもNG>雰囲気づくり>ファミリーは別フロアの店で対応
  床に絨毯>従業員の腰痛防止>他の内装はバーニーズが用意
 
所感
「原点回帰」
「必要以上に情報を送らない」
「「ここにしかない」「横浜らしさ」のアピール」
「異業種パートナーととことん議論」
等々
どの業種にも、どんな規模の事業者にも、
持続可能な経営にも、通じる話が聞くことができた。

書き込み数は1件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ 平成26年度 成果報告会2
【返信元】 ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ 平成26年度 成果報告会2
2015年03月16日 23:24
・質疑応答
上司ともとことん議論している
前の担当者が飲食コンサルを雇ったがうまくいかなかった
 それでも一流の人と話をしていると見えてくるものがあった