よこはま発環境情報の「自然エネルギー財団ニュース」
「自然エネルギー財団ニュース」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
自然エネルギー財団ニュース
【閲覧数】1,045
2017年01月30日 23:27
(転送・転載歓迎いたします)
***************************************
目次
1. 国際シンポジウム「REvision2017」オンライン受付開始のご案内
2. 自然エネルギー財団からのコメント発表 改正FIT法初の調達価格案にあたって
3. 連載コラム シリーズ 「電力システム改革の真の貫徹」第9回更新
4. 「統計ページ」更新
***************************************

1. 国際シンポジウム「REvision2017」
オンライン受付開始を開始しました(1/23)
公益財団法人自然エネルギー財団は、2017年3月8日(水)に国際シンポジウムREvision2017を「自然エネルギーが切り拓く未来」をテーマに、内幸町・イイノホールにて開催いたします。
本日より当財団ウェブサイトにてオンライン受付を開始しました。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

→オンライン受付はこちらから
http://renewable-ei.org/activities/events_20170308.php  

2. 自然エネルギー財団からのコメント発表 
改正FIT法初の調達価格案にあたって 
コスト低減を実現する市場環境整備を(1/20掲載)
昨年12月13日に、調達価格等算定委員会から「平成29年度以降の調達価格等に関する意見」が発表されました。今回の意見には、改正FIT法の規定に基づく、調達価格・期間、価格目標、入札制度など、幅広い事項についての検討結果が盛り込まれています。公益財団法人 自然エネルギー財団は、中長期的な自然エネルギー普及と産業育成の観点から、今回の算定委の検討結果について評価し、コメントを発表しました。

→もっと読む
http://renewable-ei.org/activities/reports_20170120.php  

3. 連載コラム
シリーズ「電力システム改革の真の貫徹」第9回を更新しました(1/13掲載)
第9回 欧州での自然エネルギー市場の発展
トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団理事長

電力系統では、発電と消費の同時同量を保つことが必要である。これが損なわれると、電圧や周波数が安定せず、停電が起こる可能性もある。そのため、競争のある電力市場では、電力の買い手と売り手が契約を結ぶときには、系統への給電量とその消費量の同時同量を担うのはどこなのかを決めておくのが原則となっている。

→もっと読む
http://www.renewable-ei.org/column/column_20170113.php  

4. 自然エネルギー関連統計
「統計」ページ内、四半期統計、固定価格買取制度の「月次データ」「買取実績」を更新しました(1/23掲載)
http://www.renewable-ei.org/statistics/fit.php
http://www.renewable-ei.org/statistics/quarter.php

***************************************
【問い合わせ先・配信元】
公益財団法人 自然エネルギー財団
〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング8F
TEL: 03-6866-1020 / FAX: 03-6866-1021
(2016年10月31日にオフィスを移転しました)
Email:oshirase.mail※renewable-ei.org(※を@(半角)にして送信ください)
***************************************

返信書き込みはありません。