■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/?key=7515&cid=644
■本に出会うの書き込み
書き込み数は1,139件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 114 ]
2020年07月05日(日) 
電子本、最近慣れてきて普通の本のように話が頭に入るようになりました。
最初は頭に入ってこなかった。慣れですね。タブレットに何冊も入るし、
荷物にならないのも良いです。この本で3MB程度の要領です。
コピーも制限はありますが、出来ます。詠み上げも


書名:女帝 小池百合子
著者:石井 妙子
発行所:文藝春秋
発行年月日:2020/5/20
ページ:440頁
定価:1500円
Kindl版

女帝 小池百合子
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=35360.0


先日、清水有高と東大教授安冨歩の電話対談で清水有高がこの本を45分で読んだと言っていた。そしてこの本を題材に小池百合子の

閲覧数67 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/07/05 16:38
公開範囲外部公開
2020年07月04日(土) 
話題の書『女帝 小池百合子』を読む 政治家としての彼女への不信感
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=35339.0

閲覧数115 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/07/04 17:29
公開範囲外部公開
2020年06月28日(日) 
書名:親鸞 他2作品合本版
著者:吉川 英治
発行所:新潮社
頁数:882ページ
定価:99円 Kindle版

久々(45年ぶり)に吉川英治の親鸞を読んだ。この本は親鸞と親鸞の水脈と親鸞聖人についての3作品が収録されている。吉川英治が初めて新聞連載の小説を書いた題材が「親鸞」社命で毎日朝2,3時間早く出社して一夜漬けの知識などで書いた。だからいつかまともなものを書こうと考えていたが、なかなか手をつけられず10年後書いたのがこの作品。そしてこの作品もまだ満足できなくて、次を書くつもりでいたらしいが、遂に3回目の作品は書けなかったとのこと。

吉川英治の家は仏壇と神

閲覧数174 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/06/28 10:26
公開範囲外部公開
2020年06月23日(火) 
書名:ながい坂(上)
著者:山本 周五郎
発行所:新潮社
頁数:434ページ
定価:130円 Kindle版

書名:ながい坂(下)
著者:山本 周五郎
発行所:新潮社
頁数:433ページ
定価:130円 Kindle版

山本周五郎は本名清水三十六(明治36年生まれから命名)で、山本周五郎商店という本屋に勤めていた。いろいろなペンネームを使い分けているが、時代劇小説にその勤めている会社の名前を用いたのがきっかけで山本周五郎という。横浜の尋常小学校卒の学歴で、直木賞も受賞が決まっていたにもかかわらず辞退している。その他の賞も軒並み辞退している。山本周五郎は生きている頃からその作品は

閲覧数118 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/06/23 14:16
公開範囲外部公開
2020年06月01日(月) 
書名:私本太平記
著者:吉川 英治
発行所:講談社
発行年月日:1990年2月11日
青空文庫
定価:99円(アマゾンKindle本 13巻一括)

『私本太平記 01 あしかが帖』
『私本太平記 02 婆娑羅帖』
『私本太平記 03 みなかみ帖』
『私本太平記 04 帝獄帖』
『私本太平記 05 世の辻の帖』
『私本太平記 06 八荒帖』
『私本太平記 07 千早帖』
『私本太平記 08 新田帖』
『私本太平記 09 建武らくがき帖』
『私本太平記 10 風花帖』
『私本太平記 11 筑紫帖』
『私本太平記 12 湊川帖』
『私本太平記 13 黒白帖』

『私本太平記』(しほんたいへいき)は、吉川英治晩年(なくなる間

閲覧数108 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/06/01 19:10
公開範囲外部公開
2020年04月24日(金) 
復活の日 : 作品情報 - 映画.com
https://eiga.com/movie/39200/
劇場公開日 1980年6月28日

この作品は細菌兵器(ウィルス)ために地球上の人類が全滅、南極に残された人々が生き残。小松左京の小説の映画化されたもの。アマゾンプレミアムで無料でみられる。外出自粛が増えると映画もよく見るようになった。

小松左京『復活の日』が34%OFF!
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/bookwatch/s…49427.html

閲覧数168 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/04/24 16:16
公開範囲外部公開
2020年04月24日(金) 
書名:恩讐の彼方に 「短編と戯曲」
著者:菊池 寛
発行所:文芸春秋
発行年月日:1988年3月25日
青空文庫
定価:0円

禅海(1661年~1774年)という江戸時代の僧侶がモデルになっています。禅海は危険な橋から民の命を守るため、後に青の洞門と呼ばれるトンネルを30年かけて開削した人物です。

物語は
中川三郎兵衛という旗本に仕えていた市九郎は、主人の妾と恋に落ちる。それを知った三郎兵衛は市九郎に斬りかかるが、市九郎はこれに応戦し、逆に主人を殺してしまう。妾と逃げ出した市九郎は、盗賊や追い剥ぎなどをして生きるが、若い男女の商人を殺害したとき、突然人殺しを

閲覧数162 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/04/24 15:59
公開範囲外部公開
2020年04月21日(火) 
100分de名著スペシャル「100分deメディア論」Eテレ
https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/2018special…index.html
Eテレで2020年4月19日(日)午前0:30~2:10(※18日(土)深夜)再々放送

或る人に紹介していただいてNHKプラスで見ました。とても面白い。良くまとまっている番組です。リップマン「世論」、サイード「イスラム報道」、山本七平「『空気』の研究」、オーウェル「一九八四年」の内「『空気』の研究」以外は読んだことがないの読んでみたいと思う。まだまだ図書館は開かないかな?待ち遠しい気がする。

内容:
今回取り上げたリップマン「世論」、サイード「イスラム報道」

閲覧数216 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/04/21 18:09
公開範囲外部公開
2020年04月20日(月) 
書名:京洛日記 随筆集「文藝林泉」
著者:室生 犀星
発行所:中央公論社
発行年月日:1934/5/23
青空文庫
定価:0円

室生犀星は金沢出身の詩人、小説家で名前だけは知っていたが読んだことがなかった。あるとき京都へ行きたいと芥川龍之介に手紙を出すと京都の宿は三条木屋町上る中村屋、中村屋を通して見学したいお寺、お店などを頼めとか細かなガイドブックを送ってきた。でもグズグズして10年その間京都に行くことはなかった。そして今回京都に旅することとなった。芥川の情報は使えない。
芥川は東山より本法寺、高台寺、粟田口の青蓮院、大徳寺、相国寺、建仁寺も見て損

閲覧数206 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/04/20 20:37
公開範囲外部公開
2020年04月19日(日) 
書名:大人の眼と子供の眼
著者:水上滝太郎
発行所:改造社
発行年月日:1923
青空文庫
定価:0円

水上滝太郎と言う人は初めて知った過去の人、明治生命の創業者阿部泰蔵の四男で、明治生命の社員と作家の2足のわらじを履いていた人だとか。

子供の頃に見た馬車に乗った山本権兵衛のかっこよさに憧れたり、自分の父の月給は知らないけれど、100円の月給取りに憧れをもって、大きくなったら100円の月給取りになるのだと思い込んでいた。でも叔父から父親の月給は100円より遙か上だと後日聞いて、こどもの頃の思いと世間知らず、了見の狭さを思い知る。誰でも抱く子供の眼、そし

閲覧数152 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/04/19 16:09
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 114 ]
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み