■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/?key=7515&cid=644
■本に出会うの書き込み
書き込み数は1,155件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 116 ]
2020年09月20日(日) 
書名:日本の歴史9 南北朝の動乱
著者:佐藤 進一
発行所:中央公論新社
頁数:557ページ
発売日:2017.09.05(1974)
定価:1,238円+税

足利尊氏、直義、高師直、後醍醐天皇、北畠親房、新田義貞、楠木正成などなど登場人物が一杯でなかなか頭に入ってこない室町時代。明治維新もそんな感じでわかりにくい時代。この室町時代のメインの出来事として建武の新政、過去の天皇時代に戻れという懐古主義でこの国を治めようとした後醍醐天皇、でもその試みは3年持たなかった。そして北朝、南朝、幕府の天下三分の時代が70年続く、そんな「南北朝の動乱」という本です。この本は中世、室町時

閲覧数17 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/09/20 19:34
公開範囲外部公開
2020年09月12日(土) 
五瓣の椿
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36708.0

書名:五瓣の椿
著者:山本 周五郎
発行所:
頁数:266ページ
発売日:
定価:98円 Kindle版

婿養子の父親は懸命に働き、店の身代を2倍にも3倍にも大きくした。母親は婿養子を馬鹿にして陰で不貞を繰り返した。それでも文句のひとつも言わず、懸命に商売、お家大事で働く父親、労咳に侵された父親の最期の日々、娘の懸命の願いも聞かず母親は若い役者と遊び惚けた。父親が死んだ夜、母親は娘に出生の秘密を明かす。それを聞いた娘は父親の遺体が置いてある寮、そこには母親と若い役者が眠っていた。その夜、天保五年の正月、む

閲覧数82 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/09/12 21:27
公開範囲外部公開
2020年09月08日(火) 
彦左衛門外記
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36622.0

書名:彦左衛門外記
著者:山本 周五郎
発行所:英高堂出版
頁数:244ページ
発売日:
定価:129円 Kindle版

天下の御意見番、大久保彦左衛門のことはよく知られているが、この天下の御意見番、実はうさんくさい。大久保彦左衛門は徳川家康の家臣で家康とともに歴戦に参加して色々な手柄を上げて、家康から自分がいなくなったら、将軍秀忠、家光の御意見番に任命するので指導するようにと言い置かれた。という事になっている。

この物語の主人公は主人公の五橋数馬というとぼけた男、三千石の旗本内藤家の末っ子だった

閲覧数79 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/09/08 14:43
公開範囲外部公開
2020年09月08日(火) 
栄花物語
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36618.0

書名:栄花物語
著者:山本 周五郎
発行所:
頁数:510ページ
発売日:
定価:129円 Kindle版

田沼意次は享保20年(1735年)に父の遺産600石を継いだ。そして出世を重ね、600石の旗本から5万7,000石の大名に。ちなみに柳沢吉保は家を継いだときは530石、隠居する前には15万1,200石の大名となる。横浜市で唯一の大名米倉丹後守昌尹は家を継いだとき600石から15,000石の大名に。

旗本600石で普通、増えもせず、減りもせずが普通なのでしょうが、田沼意次は異例の大出世、一人の将軍に権力が集中していると、ひいきにされるとどんどん登用さ

閲覧数73 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/09/08 13:51
公開範囲外部公開
2020年09月01日(火) 
山本周五郎 作品集 五 Kindle版「鵜」「女は同じ物語」「しゅるしゅる」
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36496.0

書名:山本周五郎 作品集 五 Kindle版「鵜」「女は同じ物語」「しゅるしゅる」
著者:山本 周五郎
発行所:
頁数:96ページ
発売日:
定価:110円 Kindle版

「鵜」
江戸で謹慎の身となった布施半三郎は国詰めとなった。半三郎は江戸から持ち帰った釣り竿を抱え、毎日近くの加能川へ鮠(はや)だとかウグイ、鮎を釣りに出かけていた。ある日、断崖の下にある釣り場を見つけた。そこへ毎日通っていると、ある日上流から裸の女が流れてきた。

死体だと思ったが、そ

閲覧数115 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/09/01 20:43
公開範囲外部公開
2020年09月01日(火) 
書名:京都まみれ
著者:井上 章一
発行所:朝日新聞出版
発行年月日:2020年4月13日
ページ:248頁
定価:593円(税込み)
Kindle版

かなり前に「京都ぎらい」で話題になった井上章一さんの最近の作品です。井上さんは京都の嵐山近くの右京区で生まれ育った事になっているので、洛内の京都人から言わせると京都の人ではない。そんな劣等感、反発からそんな京都人と称する人達に一矢を報いたのが「京都ぎらい」、京都人にいちゃもんを付けた本だった。

今回の「京都まみれ」は少し視点を変えて、京都-東京の二都物語となっている。明治維新の時に日本各地の地名をダイナミックに

閲覧数357 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/09/01 20:16
公開範囲外部公開
2020年08月31日(月) 
山本周五郎 作品集四 Kindle版「壺」「暴風雨の中」「雪と泥」
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36468.0

書名:山本周五郎 作品集四 「壺」「暴風雨の中」「雪と泥」
著者:山本周五郎
発行所:
頁数:124ページ
発売日:
定価:110円 Kindle版

「壺」
紀伊国の新宮で木村外記と名乗る中年の武士がひょんな事から瘤七(七郎次)という若者と出会う。新宮から熊野川を二里ばかりほど遡った御船という在の農夫の三男である。幼い頃から力が強く、近郷では名前が通っていた。彼は侍になりたいという志を持っていた。そんな彼が三人の侍と果たし合いをしているところに木村外記が

閲覧数101 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/31 20:57
公開範囲外部公開
2020年08月28日(金) 
書名:流行性感冒
著者:内務省衛生局
発行所:内務省衛生局
発行年月日:大正十一年三月三十日(1922年)
ページ:484頁

100年前に流行したスペイン風邪を記録した「流行性感冒」という本です。2008年に平凡社から再版本も出ていて、2020年4月にも再度出版したとの情報もあります。大流行の後でまとめられた「流行性感冒」は国立国会図書館デジタルコレクションに収録されておりダウンロードすることも出来ます。

1918年8月~1921年7月第1波から第3波まで3回の感染拡大が起こった。感染者数2380万人、死者39万人。出典「流行性感冒」スペインかぜはH1N1型インフルエンザウイルスが原因

閲覧数137 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/28 13:18
公開範囲外部公開
2020年08月26日(水) 
コロナ黙示録
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36362.0
書名:コロナ黙示録
著者:海堂 尊
発行所:宝島社
発行年月日:2020/07/10
ページ:365頁
定価:1,420円
【電子特典付き】 Kindle版

医師で作家の海堂尊(「チーム・バチスタ」 シリーズなど)がコロナウィルスを題材にした書き下ろしの小説です。緊急事態宣言が行われたとき書きはじめ、解除の時に書き上げたとのこと。著者にとっては格段に速い仕上がりだったとか。

コロナの襲来し、隠されていたものが露わになった。政府、行政が隠蔽してきたものを市民は目の当たりにした。政府は国民の幸福などかけらも考えていな

閲覧数164 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/26 20:07
公開範囲外部公開
2020年08月25日(火) 
山本周五郎第三巻「松の花」「おさん」「雨あがる」
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?act…;board=8.0

書名:山本周五郎 作品集三 「松の花」「おさん」「雨あがる」
著者:山本周五郎
発行所:
頁数:124ページ
発売日:
定価:110円 Kindle版


「松の花」
佐野藤右衛門は長年務めたお勝手係の役目を、老年をいたわるおぼしめしから解かれ、藩譜編纂の係を命ぜられた。以来自宅の書斎で下役の者達が書き上げた稿本に目を通し、時には朱を入れている。

稿本に朱を入れていると妻のやすの臨終が伝えられた。長年連れ添った妻は昨年の夏より治る見込みのない癌に冒されていた。

閲覧数116 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/25 20:00
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 116 ]
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み