■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=13751
2009年03月25日(水) 
書名:鬼首村の殺人
著者:篠田秀幸
発行所:角川春樹事務所
発行日:2003/2/8
定価:1200円+税

岡山県御国村で起こった童謡連続殺人事件を取り上げています。伏線として横溝正史の「悪魔の手毬唄」、戦後起こった謎多い下山事件(下山国鉄総裁が轢死したいで発見される自殺説、他殺説、GHQの陰謀説と戦後を騒がせた事件)の関係者などが所々に出て来る。本論は童謡にのっとって行われる奇怪な連続殺人事件です。名探偵弥生原公彦、作家の築島(実はこの築島が書いているという作中に作家が登場する)シリーズものです。ちょっと懲りすぎていることが気になるかな。でもなかなかストーリー展開など面白い。気がつかないうちに引き込まれて読んでしまう小説です。


閲覧数2,766 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/03/25 20:18
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み