■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=26459
2010年04月17日(土) 
書名:三人吉三
著者:鈴木輝一郎
発行所:双葉社
発行年月日:2002/6/25
ページ:363頁
定価:1800 円+税

これも歌舞伎でお馴染みの三人吉三。原作は河竹黙阿弥ですが、この本はかなりストーリーは違っています。「明日に向かって撃て」と参考に「明日もおじたぁつまるめぇ」と御坊吉三、お嬢吉三、和尚吉三の三人吉三が、綱吉の世に、幕府のやり方に怒りを、火付け、おいぬ様殺害を江戸の街々ではじめる。パロディ風の物語です。実際に本当に居たらこまる3人ですが、物語、芝居の中では面白い試みです。歌舞伎もたまには見てみたい。

----------------------
三人吉三の台詞
月も朧に白魚の 篝(かがり)もかすむ 春の空
冷てえ風にほろ酔いの 心持ちよくうかうかと
浮かれ烏(からす)のただ一羽 ねぐらへ帰る川端で
竿の雫か濡れ手で粟 思いがけなく手にいる百両
(呼び声)おん厄払いましょう、厄おとし
ほんに今夜は節分か 
西の海より川の中 落ちた夜鷹は厄落とし 
豆だくさんに一文の 銭と違って金包み 
こいつは春から 縁起がいいわえ


閲覧数1,952 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/04/17 23:46
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み