■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=27711
2010年05月21日(金) 
書名:練塀小路の悪党ども
著者:多岐川恭
発行所:新潮社
発行年月日:1992/4/25
ページ:276頁
定価:388 円+ 税

歌舞伎でもお馴染みの数寄屋坊主の河内山宗俊。お上の威光を笠に着てやりたい放題の悪事三昧。大名、旗本、坊主、町人の弱みを握って脅し取る。悪の権化の宗俊、宗俊を笠に着てしったっぱ悪人がまた威張り散らす。こんな悪人群像をコミカルにどことなく憎めない物語。第一話から第五話まで河内山宗俊以外は次々と登場人物が変わる。江戸っ子の会話の妙も楽しい。
河竹黙阿弥の「天衣粉上野初花」
悪に強きは善にもと、世の譬えに言うとおり、親の嘆きが不便さに、娘の命を助けようと、腹に企みの魂胆を練塀小路にかくれのねえ、お数寄屋坊主の宗俊が頭の丸いを幸いに、衣でしがを忍が岡・・・

閲覧数1,867 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/05/21 19:39
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み