■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=73822
2019年08月30日(金) 
北斎展[HOKUSAI]
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.ph…?album=295

今日は横浜そごうの美術館に北斎展[HOKUSAI]を見に行ってきた。発光ダイオードでも最後に出すことが出来た色は青色、自然界にも青色の生物は少ない。フェルメールの青(フェルメールブルー)、葛飾北斎の青、そして横浜の青(マリンブルール)江ノ島の風景など青を基調とした作品も多く展示してあった。青を改めてじっくりと鑑賞してきた。
北斎は70歳までいろいろ絵を描いてきたが、まだまだ絵描きとは言えない。と貪欲に次々絵を描いていった。3万点以上の作品を残しているが、90歳に臨終に臨んで、『天が私の命をあと5年保ってくれたら、私は本当の絵描きになることができるだろう』辞世の句は、 悲と魂で ゆくきさんじや 夏の原
「人魂になって夏の野原にでも気晴らしに出かけようか」というものであった。 富嶽三十六景、富嶽百景の148点が展示してありました。この展覧会も全て撮影OKでした。
そごうのベイエリアから、日産本社、みなとみらい大通りを通って桜木町まで歩いた。馬車道まで歩いて神奈川県立歴史博物館へ【特別展】北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本を見てきた。幕末の国防に関わる藩、人物、そして異人の動き、大黒屋光夫、高田屋嘉兵衛など民間人の古文書など興味ある展示が多かった。水戸藩士、尊皇攘夷のテキストとなった会沢正志斎の「新論」でもそこには開国、後の明治になって富国強兵論の原点になっていたとか、あまりにも過激なので出版されず、それぞれ写しあって伝搬していったとか?ちょっと興味を持った。

令和元年記念 北斎展
https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/archives/19/hokusai/

【特別展】北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―
http://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/4050

新論. 券之上 - 国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/754753

北斎展[HOKUSAI] on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
https://photopeach.com/album/db8qou

閲覧数186 カテゴリ話題 投稿日時2019/08/30 00:47
公開範囲外部公開
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み