■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=87203
2021年08月22日(日) 
諏訪湖から富士山を見る(シュミレーション)
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=43700.0
諏訪湖から富士山を見る(シュミレーション) - つみかさね
https://3yokohama.hatenablog.jp/entry/2021/08/22/172703

昨日のプラタモリで諏訪湖を取り上げていた。黒曜石の最大産地、片麻岩も採掘されていた。縄文時代に人々がここを目指してやってきていた。黒曜石は品質が良い。透明のものもある。片岩、片麻岩は農作業用の鍬などに利用しやすかった。

この諏訪湖は新生代第三紀の終わり頃からの中央高地の隆起活動と糸魚川静岡構造線の断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)である。平行四辺形の湖が出来た。
また、糸魚川静岡構造線と中央構造線が交差する地で、諏訪湖を取り囲むように諏訪湖南西側には諏訪湖南岸断層群が、諏訪湖北東側には諏訪断層群がある。大きな構造線がぶつかり合って、独特の地形を形成している。

縄文海進(約7000年前)の頃、関東地方人々は海が内陸部に浸食してきたので、この諏訪地方に移り住んできた。その一番の理由が富士山の眺めの良いところだったという理由。糸魚川静岡構造線と中央構造線が交差するところで、諏訪湖から富士山の方向が谷となっていて、富士山を遮るものがない。そこで諏訪湖から富士山を見たところをカシミールを使ってシュミレーションしてみた。

諏訪湖へはよく行っていたが、富士山が見えるとは知らなかった。丁度100km程離れている。横浜からの距離と同じ程度かな?地図で確認すると富士山に向かって谷になっていて見通し範囲に富士山が鎮座しています。

閲覧数131 カテゴリ情報 投稿日時2021/08/22 17:36
公開範囲外部公開
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み