■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/index.php?ps=10&pl=&s=&so=&key=7515&year=2012&month=12
■2012年12月の書き込み
書き込み数は97件です。 [ 1 ... 6 7 8 9 10 ]
2012年12月03日(月) 
【Windows8】軽い気持ちで乗り換えは危険!?
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=809.0

閲覧数725 カテゴリソフトウェア コメント0 投稿日時2012/12/03 14:14
公開範囲外部公開
2012年12月02日(日) 
孫から広がるつがるネットワーク特別講義 東京都市大学
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=804.0

閲覧数656 カテゴリ話題 コメント0 投稿日時2012/12/02 19:41
公開範囲外部公開
2012年12月02日(日) 
書名:名君の碑(いしぶみ)
著者:中村 彰彦
発行所:文藝春秋
発行年月日:2001/10/10
ページ:698頁
定価:914円+税

江戸時代初期、二代将軍秀忠の落胤として生まれ、秀忠の妻お江与の方から刺客を送られたり、命を狙われながら、武田信玄の娘、見性院、その妹信松院に保護されて生きて行く。その後信州高遠城の保科正光の養子となる保科正之の生涯を描いた長編歴史小説です。

 保科正之は会津藩保科(松平)の礎を築いた藩祖で息子の代に松平性を賜る。三代将軍家光の腹違いの弟ではあるけれど、臣下として礼をとり続けた。家光が死に臨んで息子「家綱」のことを正之に

閲覧数729 カテゴリ本に出会う コメント0 投稿日時2012/12/02 18:56
公開範囲外部公開
2012年12月02日(日) 
書名:山霧(上)毛利元就の妻
著者:永井路子
発行所:文藝春秋
発行年月日:2011/7/25
ページ:359頁
定価:581円+税

書名:山霧(下)毛利元就の妻
著者:永井路子
発行所:文藝春秋
発行年月日:2011/7/25
ページ:397頁
定価:581円+税

この本は毛利元就の物語ではない。十六世紀の初め、中国地方は大内氏、尼子氏の狭間に割拠する小国主が乱立していた。中国地方吉田庄の小領主、毛利元就のもとに「鬼」と呼ばれる吉川国経の娘が輿入れをした。権謀渦巻く乱世にあって、二人は否応なく戦国の夫婦として生きて行くことになる。毛利元就の妻「おたか」が嫁いできてから亡く

閲覧数712 カテゴリ本に出会う コメント0 投稿日時2012/12/02 18:55
公開範囲外部公開
2012年12月02日(日) 
旧態依然大メディアの定番 情報操作で世論誘導
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=798.0

閲覧数667 カテゴリ情報 コメント0 投稿日時2012/12/02 17:14
公開範囲外部公開
2012年12月01日(土) 
心行寺&御影橋の紅葉 on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/15cxsk5

心行寺&御影橋の紅葉 - 風に吹かれて隠れ里
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.php?album=8

都筑区にも師走の風が吹いてきました。晩秋の心行寺、御影橋、ささぶねの道には紅葉が最期の命を一杯燃やして鮮やかな色を輝かせています。晩秋の緑道を散策しながら紅葉を楽しんできました。今年は暖かい秋だったので紅葉の色合いは少し薄めで深紅に染まるまでに落葉が始まりました。
心行寺には横浜市営地下鉄センター南駅徒歩10分程で行けます。

閲覧数807 カテゴリ話題 コメント0 投稿日時2012/12/01 18:06
公開範囲外部公開
2012年12月01日(土) 
グリーンランドと南極、氷床融解ペースが加速 海面上昇
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=786.0
これってほんと!

閲覧数854 カテゴリ情報 コメント0 投稿日時2012/12/01 00:12
公開範囲外部公開
[ 1 ... 6 7 8 9 10 ]
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み