■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/index.php?ps=2&pl=&s=&so=&key=7515&cid=644
■本に出会うの書き込み
書き込み数は1,154件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 116 ]
2020年08月19日(水) 
山本周五郎 作品集一 「あだこ」「晩秋」「おたふく」
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36235.0

書名:山本周五郎 作品集一 「あだこ」「晩秋」「おたふく」
著者:山本周五郎
発行所:
頁数:116ページ
発売日:
定価:99円 Kindle版

「あだこ」「晩秋」「おたふく」の3編を収録

何故か人情時代小説の名手山本周五郎の人情話が好きでよく読んでいる。今回も短編ですが、どこか引かれる3編です。こんな短い本はじっくりゆっくり読んで見たい本ですね。なかなか後味が良い。どこかほっとする話に酔わせてくれる。

時代小説の名手、山本周五郎が描いた人情話の傑作集。貧しさ

閲覧数122 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/19 20:09
公開範囲外部公開
2020年08月18日(火) 
新・水滸伝 全6巻合本版
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=36216.0

書名:新・水滸伝 全6巻合本版
著者:吉川 英治
発行所:講談社
頁数:1476ページ
発売日:1989/6/2
定価:99円 Kindle版

吉川英治が晩年生涯最後の未完で終わった名作『新・水滸伝』全六巻をようやく読み終わった。
中国は宋朝の時代、勅使として龍虎山に派遣された洪信は、厳しく禁じられた石窟の中を掘ったため、封じられた百八の魔星はどっと地上に踊り出た。やがて、その一星一星が人間と化して、梁山泊をつくり、天下を揺さぶる。――これが中国最大の伝奇小説「水滸伝」の発端である。
吉川英治の「

閲覧数136 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/18 20:58
公開範囲外部公開
2020年08月02日(日) 
書名:剣難女難
著者:吉川 英治
発行所:講談社
頁数:540ページ
発売日:1990年09月04日
定価:99円 Kindle版

大正14年に創刊された国民雑誌「キング」に発表されたこの作品で、従来の幾つかの筆名に別れを告げ、新たに吉川英治が誕生した。――美男で剣を見るのさえ身体がふるえる春日新九郎が、兄の仇、富田三家随一の名人、鐘巻自斎を相手に戦うまでの数々の辛苦と、剣難女難。――この1作が呼んだ反響、つづいて生れた幾多の名作。本書は、吉川文学の輝かしい原点といえよう。

幼い頃、母と外出先で占って貰った春日新九郎は「剣難女難」の相があると言われそれがトラウマにな

閲覧数110 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/08/02 22:47
公開範囲外部公開
2020年07月30日(木) 
書名:日本名婦伝 6巻分合本版
著者:吉川 英治
発行所:講談社
頁数:163頁
定価:0円 Kindle版

日本名婦伝と言う名前の本はいろいろあって、山本周五郎、徳富蘇峰(号で、本名は猪一郎)なども書いている。赤穂浪士の小野寺十内の妻、源義経の恋人静御前、豊臣秀吉の太閤夫人、明治政府軍の谷干城夫人久満子、楠木正成の大楠公夫人久子、細川忠興の細川ガラシヤ夫人の全6話を収録。

歴史上の偉人の妻たちの短編集。英雄たちの偉業には必ず内助の功があった。楠木正成の妻、久子。夫を始め我が子を次々に戦で失うが、涙を見せずに気丈に振る舞う。その姿に心を打たれずにはい

閲覧数142 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/07/30 22:06
公開範囲外部公開
2020年07月25日(土) 
書名:神州天馬侠全三巻
著者:吉川 英治
発行所:講談社
頁数:1168頁
定価:99円 Kindle版

『神州天馬侠』(しんしゅうてんまきょう)は、吉川英治初期の少年冒険小説。1925年(大正14年)5月から1928年(昭和3年)12月まで講談社『少年倶楽部』に連載された長編小説である。少年向けにしては長編で1000頁をこえる作品です。

戦国時代は天正十年のこと。徳川家康と織田信長の連合軍に攻撃され、穴山梅雪の裏切りによって、武田勝頼は信州天目山に敗れた。勝頼の一子伊那丸は、家に伝わる秘宝、御旗楯無しの鎧と武田菱の御旗をもって、忠臣加賀見忍剣と共におちのびた。伊那丸が忠義

閲覧数170 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/07/25 21:19
公開範囲外部公開
2020年07月05日(日) 
電子本、最近慣れてきて普通の本のように話が頭に入るようになりました。
最初は頭に入ってこなかった。慣れですね。タブレットに何冊も入るし、
荷物にならないのも良いです。この本で3MB程度の要領です。
コピーも制限はありますが、出来ます。詠み上げも


書名:女帝 小池百合子
著者:石井 妙子
発行所:文藝春秋
発行年月日:2020/5/20
ページ:440頁
定価:1500円
Kindl版

女帝 小池百合子
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=35360.0


先日、清水有高と東大教授安冨歩の電話対談で清水有高がこの本を45分で読んだと言っていた。そしてこの本を題材に小池百合子の

閲覧数115 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/07/05 16:38
公開範囲外部公開
2020年07月04日(土) 
話題の書『女帝 小池百合子』を読む 政治家としての彼女への不信感
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?top…ic=35339.0

閲覧数165 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/07/04 17:29
公開範囲外部公開
2020年06月28日(日) 
書名:親鸞 他2作品合本版
著者:吉川 英治
発行所:新潮社
頁数:882ページ
定価:99円 Kindle版

久々(45年ぶり)に吉川英治の親鸞を読んだ。この本は親鸞と親鸞の水脈と親鸞聖人についての3作品が収録されている。吉川英治が初めて新聞連載の小説を書いた題材が「親鸞」社命で毎日朝2,3時間早く出社して一夜漬けの知識などで書いた。だからいつかまともなものを書こうと考えていたが、なかなか手をつけられず10年後書いたのがこの作品。そしてこの作品もまだ満足できなくて、次を書くつもりでいたらしいが、遂に3回目の作品は書けなかったとのこと。

吉川英治の家は仏壇と神

閲覧数223 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/06/28 10:26
公開範囲外部公開
2020年06月23日(火) 
書名:ながい坂(上)
著者:山本 周五郎
発行所:新潮社
頁数:434ページ
定価:130円 Kindle版

書名:ながい坂(下)
著者:山本 周五郎
発行所:新潮社
頁数:433ページ
定価:130円 Kindle版

山本周五郎は本名清水三十六(明治36年生まれから命名)で、山本周五郎商店という本屋に勤めていた。いろいろなペンネームを使い分けているが、時代劇小説にその勤めている会社の名前を用いたのがきっかけで山本周五郎という。横浜の尋常小学校卒の学歴で、直木賞も受賞が決まっていたにもかかわらず辞退している。その他の賞も軒並み辞退している。山本周五郎は生きている頃からその作品は

閲覧数191 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/06/23 14:16
公開範囲外部公開
2020年06月01日(月) 
書名:私本太平記
著者:吉川 英治
発行所:講談社
発行年月日:1990年2月11日
青空文庫
定価:99円(アマゾンKindle本 13巻一括)

『私本太平記 01 あしかが帖』
『私本太平記 02 婆娑羅帖』
『私本太平記 03 みなかみ帖』
『私本太平記 04 帝獄帖』
『私本太平記 05 世の辻の帖』
『私本太平記 06 八荒帖』
『私本太平記 07 千早帖』
『私本太平記 08 新田帖』
『私本太平記 09 建武らくがき帖』
『私本太平記 10 風花帖』
『私本太平記 11 筑紫帖』
『私本太平記 12 湊川帖』
『私本太平記 13 黒白帖』

『私本太平記』(しほんたいへいき)は、吉川英治晩年(なくなる間

閲覧数130 カテゴリ本に出会う 投稿日時2020/06/01 19:10
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 116 ]
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み