■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/index.php?ps=3&pl=&s=&so=&key=7515&year=2010&month=4
■2010年4月の書き込み
書き込み数は24件です。 [ 1 2 3 ]
2010年04月08日(木) 
書名:須賀敦子が歩いた道
著者:須賀敦子・松山巌
発行所:新潮社
発行年月日:2009/9/20
ページ:127 頁
定価:1400 円+税

須賀敦子という人、ご存じの方もいるかと思いますが、私ははじめて知った人、若い頃イタリアに留学していて、谷崎潤一郎の「細雪」をイタリア語に翻訳したのをはじめ日本の作家の作品を翻訳していたり、大学の講師などを行っていた人ですが、60才前後に「ミラノ 霧の風景」で女流文学賞を受賞。気品のある文章で、何とも言えない文章を書くと言うこと、また坂のある街にひかれてイタリアのいろいろな街、彫刻、建築などを綴った文章が一時話題になった

閲覧数1161 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/04/08 23:45
公開範囲外部公開
2010年04月07日(水) 
書名:赤穂浪士(上)
著者:大佛次郎(おさなぎじろう)
発行所:恒文社
発行年月日:1998/10/20
ページ:565頁
定価:1900 円+税

書名:赤穂浪士(下)
著者:大佛次郎(おさなぎじろう)
発行所:恒文社
発行年月日:1998/10/20
ページ:533頁
定価:1900 円+税

 講談、浪曲ではおなじみの赤穂浪士の物語。普通に考えると何でこんなに忠臣、義士などと騒がれるのか?多分仕掛け人が居たのではないかと真実とは違った誤解で広まった仇討ち話ではと勘ぐってしまう。吉良上野介は本当に悪い悪い人。疑問符がつく。この本では大石内蔵助が主君の敵として狙うのは表向きは吉良上野

閲覧数1208 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/04/07 23:19
公開範囲外部公開
2010年04月04日(日) 
風に吹かれて隠れ里 - 目黒川桜祭り・目黒不動尊巡り
http://yokohama.fau.jp/cpg/thumbnails.php?album=126

 中目黒から徒歩2分で目黒川沿いの桜並木にでます。北に向かうと渋谷、池尻大橋方面へびっしりと桜並木が続きます。池尻大橋付近で折り返して、五反田方向へ向かうと目黒川の川幅も大きくなってきます。太鼓橋まで歩いて目黒不動尊にもよってみました。今さくらは満開で、桜祭りが各地区で行われていました。ちょっと寒かったけれどなかなか見られない都会の中の桜でした。

目黒川桜祭り・目黒不動尊巡り on PhotoPeach
http://photopeach.com/album/mv81gu


閲覧数3532 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2010/04/04 22:22
公開範囲外部公開
2010年04月03日(土) 
都筑の風景 - 都筑の桜2010
http://city-yokohama-tsuzuki.maxs.jp/cpg/thumbnails…?album=239

昨日の強風にもめげずに都筑の桜は満開です。正覚寺(しょうがくじ)では都筑橘樹十二薬師(12年に一回寅年開帳)の御開帳も行っていました。都筑区、港北区12に薬師さんが対象です。4/20まで。正覚寺の阿弥陀堂、桜も見事です。江川せせらぎ緑道はチューリップと桜と緑と川の流れが調和しています。都筑区の南部を中心に桜を堪能してきました。いまが見頃です。

花見というのは丁度今の時期田植えの準備にはいるところで田の神様を迎えて、今年の豊作を祈願するために行ったことが発祥と言

閲覧数1602 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2010/04/03 21:43
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 ]
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み