■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=43264
2012年09月14日(金) 
9月になっても まだまだ暑く
倒れそうになりながら、街を自転車(一応電動)で訪問移動しています。
訪問は担当が決まっているので、臨時以外は曜日ごとに
同じ場所に参ります。

 

曜日ごとに お気に入りの場所をみつけて そこを訪れるのも

楽しみのひとつです(なんてささやか^_^;)


今週のある曜日・・・お気に入りの道をチャリで通過~


この道を行くと 美空ひばりさんが幼いころ通ったという銭湯があります。
 

 

  (桜湯)
 
近くに この時期 サルスベリの花が咲いています。

 

 
  紅と白が 違うお宅に

 

青空とのコントラストがどちらも綺麗♪  

 


サルスベリ・・・漢字で書くと、「百日紅」 と書くそうです。

 

●中国の伝説・・・

 

『恋人と百日後に逢うことを約束した乙女が、約束の百日目を目前に他界してしまった・・・亡くなったその日の後に咲いた花なので、百日紅という』

 
むむむむ~っ
★私のハテナ?
どうして 百日も待たなければならなかったの~~~?
と気になります!
 
 
日本のお話・・・

 

『元禄時代の園芸書に、「紅の花が100日間咲く」という説明があったので、「百日紅」という名前がついた。また樹の肌が滑らかで、猿も滑るということから「猿滑り」とついたそう』

 

★またしても私のハテナ?

本当に猿がこの樹をすべったの~~~?

と気になります!

この近くに病院があります。

「市立脳血管センター」 脳の専門病院ですが、かつては「横浜市万治病院」

といいました。

記念碑
         

横浜が開港すると、多くの外国人が来て 伝染病も流行りました。

その対策として、明治12年(1879)に横浜避病院が浦舟町に開院。

その後 明治33年(1900)に万治病院となり、大正11年(1922)に

ここに移転してきたそうです。

平成11年(1999)に市立脳血管医療センターになりました。


この病院は 通り抜けられる歩道があります。

 

     歩道では、リハビリを兼ねて、 患者さん達がヘルパーさんとお散歩されています。

ときどき ここに座っておやすみされてます。   

私がここを通る時間 
若い男性が、いつもひとりで 一所懸命にこのレンガを雑巾掛けしています。
それはそれは丁寧に水拭きをしているのです。

そして この病院を退院された男性(おじさんと呼んじゃってます)が 

やはり私が通る時間 お一人で散歩されています。 
今年の桜の時期に 桜を観ていておじさんと知り合いになり、 
今では毎週ご挨拶をしてお話をします。

今週もお二人にお会いできました。

遠くから(ご了解を得て) お二人の姿を撮らせていただきましたm(__)m

 



移動の道が、お気に入りの 楽しい場所となりました。

 

ほんのひとときの・・・出会い ふれあい 語り合い♪


閲覧数4,947 カテゴリ横浜ストリーム コメント0 投稿日時2012/09/14 22:23
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
濱のリリーさん
[一言]
故郷よりも横浜での生活が長くなりました~ 日々、仕事で プライベー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み