■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=77268
2020年04月22日(水) 

・・・製作中のClassA1/A3が動作テストしてもちっとも動かず、製作意欲が

そっちに向かなくなってきて見事にどん詰まりしてしまった為、調整のヒントを

探すのも兼ね、気分転換で他のものに手を出していた。

ざっくりとした図面でも多くの人がそれと認識できるであろう、

近代蒸気機関車の礎となった、言わずと知れた名機関車。

リバプール&マンチェスター鉄道・ロケット号である。

これは最近知ったのだが、実はこの機関車、オリジナル及び動態レプリカ共に

来日経験があるというのである。なんという。

まぁそんな話はさておき、まずは図面からランボードとボイラーを切り出す。

ランボードの余りスペースからボイラーも一緒に切り出せるって・・・;

  

切り出して組み上げてみると、予想以上にちっちゃい。ちょっと油断すると

あっという間に吹っ飛ばすか落っことすかしそうである。っていうかした。

 

火室部分を組み立て、ランボード上で現物合わせにてボイラー円筒部と接合。

割と小柄な方の霊夢人形と比較してもこの小ささである。

 

動輪は前作のシティ・オブ・トルーロ製作時に使用した、ジャンク品C12の

動輪を型取りし、アクセサリー用の9㎜リングにレジン流し込みで製作。

シャフトは1㎜真鍮線を使用し、従輪は暫定処置で鉄コレの6㎜径の物。

  

シリンダーはアルミパイプを組み合わせ、0.5㎜の真鍮線を接着してガイドに。

クロスヘッドは制作中のA1/A3と同じ方法で製作し、組み合わせた。

 

シリンダーの受けを製作し、ボイラーに取り付ける。ぶっちゃけた事言ってしまうと、

ここの調整でこんなに苦労すると思ってなかった。

シリンダーを仮止めして、動輪とロッドを接続して転がしてみると、全然動かない。

前進させると、ロッドがクロスヘッドの真下に来てしまい、回転の力が斜め上ではなく

真上に行ってしまい、クロスヘッドが往復運動せず、シリンダーもろとも真上に

突き上げられる事態に。この為、取り付けたシリンダー受けを一度引っぺがし、

取り付け位置を1㎜程後退させ、角度も再調整する羽目に。最終的にこの調整だけで

3~4日掛かってしまっていたというね。シンプルな構造だからすぐ組めるだろうと

高をくくっていたが、シンプルな構造だからこそ調整がかなりシビアなんだなと

今回の一件で痛感。Simple is best.But,Simple is difficult.とでもいう所か。

 

で、もう一つのネックだった煙室部分。どう作ったもんかと思っていたのだが、

ふと、製作中のA1/A3のフライホイールにしたマスダンパーのセットの中に、

使えそうな球状パーツがある事を思い出す。我ながらよく思い出したよな、と。

 

で、思い出した球状パーツ、マスダンパーの抜け止めキャップを1/4にカットし、

ボイラー先端部に取り付けた。

シリンダー角度の調整後、指で回すとスムーズに動くようになったのだが、

レールに置いて転がすと動かない、と言う事案が。これについては前にも

別のもので同じ事案があり、大体の原因は見当がついていた為、ランボードと

動輪の軸受け、そして火室に鉛板でウエイトをガン積みしたところ、

予想通りレール上で転がしても、ちゃんと転がるようになった。

爪楊枝を芯にして、その周りにペーパーを巻き付け、先端部に切り込みを入れて

煙突を製作。煙室に使ったキャップに丁度いい窪みがあったため、そこに

収まる様に芯材の爪楊枝からダボを切り出した。

各パーツを組み合わせ、機関車本体の全体の様子を見る。

今回は機関車本体は無動力である為、実質一週間ちょっと位で

ここまで組みあがった。あとは細かいパーツの取り付けか。

我が家の鈍足代表、河合君に押してもらって転がりテストを実施。

低速でも滑ることなく、動輪やロッド回りがしっかり動いてくれた。

 

前作、シティ・オブ・トルーロと大きさ比較。トルーロの機関車本体の

半分よりちょっと短い位しかない。蒸機機関車の発展の歴史を垣間見た。

 

割と小柄なトルーロでもあのサイズ差なので、EF65なんかと比較すると

1/3どころか台車一台分位しかない。ちっちゃいマジちっちゃい。

この大きさで当時としては未曽有の最高時速46.6㎞/hをたたき出し、

後の機関車達の基礎として、一時代を築き上げたんだからすげぇよな。

 

・・・さ~てと、お次のネックはテンダーですか。あの極小サイズにどうやって

動力装置一式を詰め込んだもんですかねぇ・・・。


閲覧数467 カテゴリ自作模型 コメント0 投稿日時2020/04/22 12:12
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
1E1さん
[一言]
著者の1E1が日々思った事や趣味の事、しょーもない事等を 個人的見…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み