■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=17628
2009年07月20日(月) 
エディタとファイル管理ソフトのお話(もう少しステップアップしよう)

今までも、また昨日もエディタの話をしましたが、下記に判りやすいホームページを見つけましたので紹介します。
エディタとは:テキストエディタを使おう!
http://www.writeon.jpn.org/editor/cat84/index.html
What'sエディター
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hfk/gohan/soft/WhatsEditor.htm

パソコンを使いこなすには次の3つのソフトを使いこなすことだとも言われています。この3つを使いこなしている人はパソコンを使いこなしている人になりますね。

・エディタ 秀丸、TeraPad等が有名(win)。mifes(DOS時代はエディタと言えばこれの時代あり)
      Emacs(linuxでは定番)
・ファイル管理ソフト まめFile、卓駆等(win) FD、エコロジー(DOS時代の定番)
・圧縮解凍ソフト Lhaplus、zip、lzh等

実はWindowsにも標準的にエディタ、ファイル管理ソフトはついています。でも非常にレベルが低いものなのでお勧めは出来ません。notepad(エディタ)、エクスプローラ(インターネットエクスプローラではありません)ファイル管理ソフト
の2つがあります。上記に紹介したエディタ、ファイル管理ソフトに比べると使い勝手が悪いと思います。(パソコンを使いこなしている人はまず使わないソフトではないでしょうか)

なぜでしょうか?
パソコンはファイルに命令を書き込んで動かしています。これを行うにはエディタで命令を書いて、ファイル管理ソフトで必要な場所に置いたりコピーしたります。これが出来るとパソコンを動かすことができる。Windows7になって段々中身が見えなくなってきていますが、それでも基本は変わりません。エディタとファイル管理ソフトのお世話になることになると思います。ホームページにcgi、php、Javascript等を設置したりしている人はこの意味が分かっていると思います。

文書を書く、メールを出す、パワーポイントでプレゼンテーション資料を作る。ホームページを作成する。等の作業の中で一番働いてくれるのが実はエディタです。(初めて聞いたという人も居るかも)
 資料の検索、ホームページで検索した資料の整理なども実はエディタを使うと簡単です。エディタのテキストファイルは文字に修飾、色、フォント、文字コード等の属性が無いという事が特徴です。したがってワード、Excelに貼り付けても属性を
主張しないので、馴染むことになります。

文章を書こうと思うと直ぐ、Wordで書いてしまう人いませんか?また単なる文章だけの文をWordに書いてメールに添付ファイルとして送っている人いませんか?

 こんなことはエディタで十分ですね。(これが判るまで時間が掛かるかな?)
いまこの話も実はエディタ(秀丸で書いています)、改行という言葉を確実に理解している人はどれくらいいますか?
Wordではこれは判りません。エディタを使うと直ぐに判ります。メール、メーリングリスト等で全角文字35文字程度で改行を入れましょうということを理解出来ている人はどれくらい居るのででしょうね。文章を整形するときに行を分けるのではなく、Enterキーを押して改行をすること。(これは当たりまえのことですが、判っている人は少ないように思います)

今以上にパソコンと使いこなせるようになって頂ければと思います。ちょっと乗り越えるところにエディタ、ファイル管理そぐとがあるのかなという気がしています。

閲覧数2,148 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/07/20 21:53
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み