■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=19975
2009年09月29日(火) 
書名:鳥影の関(上)杉本苑子全集11 
著者:杉本苑子
発行所:中央公論社
発行年月日:1998/2/7
定価:3600円+税

書名:鳥影の関(下)杉本苑子全集12 
著者:杉本苑子
発行所:中央公論社
発行年月日:1998/2/7
定価:3600円+税

 江戸幕府が出来て200年、そのな時代を舞台にした小説です。箱根の関所に人見女として勤めることになった小静が主人公「入り鉄砲、出おんな」といわれ厳重な取り調べをしていた時代からもう少し緩慢な時代。結婚して子供が生まれたばかりの時に、故郷山形を夫婦そろって遁走せざるを得なかった小静、一緒に箱根の山の中で20数年隠れ住んでいたが、良人も亡くなり、娘も嫁入りしていた。そんな小静に「人見女」の勤めを進められて天下の険、箱根の関所の「人見女」(女性の取り調べを専門にする下級役人)を勤める。関所という動かない場所・位置から人の動くことを眺めなら次々と起こる出来事、旅人のように自分が動くのではなく、他の人の動く。定点カメラの位置から眺めているような物語の展開。こんな視点があるのかとちょっとビックリ。時は二宮尊徳が生きていた時代。小田原藩の役目として箱根の関所を運営していた。当時の関所の役割、運営の仕方など、また出来事に対する処理、処置方法などいろいろ出て来る。歴史の勉強にもなる本ではないでしょうか?江戸という時代を垣間見せてくれる。

閲覧数1,736 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/09/29 21:21
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み