■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=103096
2024年04月26日(金) 

磐田、静岡、長野と出身者がいなくて、行われなかった、「ご当地出身者紹介」がここではあった。宙組の不幸の後からか、


「海が割れる」というか、紹介された人(大抵、まだ若い2列目より後ろに並んでいる)

が会場から見えるように、トップや娘役も、前列の人が、パッとよけて、

空間を開けるのも見事だった。


最後に、朝美絢さんの「ここは新潟」

を、「僕、あがた(縣)」と縣千さんが受け取っていた。

 

長野に続き、2階席だったが、「りゅうとぴあ」 は、2階席から1階席が見えない。

前から1列目が見えるぐらいである。

 

◆自分、客席降り、客席通路からのステージ上陸は、見えないな、

 と開演前から、ガッカリモード( ;  ; )


 朝美絢さんが、客席降り・・・えっ、前から1、2列で止まって戻り、

一列目センターの前を通って、ステージに向かって真ん中から左側の列、

やっぱり、1、2列で止まった。

 
2階席の天井にある、スポットライトが、1、2列目ぐらいまでしか届かない、

という構造らしい。


朝美絢さんが、客席から登場する2回についても、1階席でざわめきが起こっても

2階席はツンボ桟敷状態。ステージ直前で、やっとスポットライトがあたって

見えた。拍手。


夢白あやさんたちが、客席降りする時は、スポットライトが届かないので、

舞台袖の床に置かれたスポットライトで、無理無理、照らしている。


◆新潟は、長野に比べたら、大都会のイメージなのだが、

 やっぱり「地方」なのか? 「ロマネスク」の冒頭で、2階席3列?24番?ぐらいで、

 スマホの着信音「リリリリ・・・」が2回。こういう着信音を選ぶのって、大抵、30代半ばの女性かな?(偏見)


 そしておしゃべり、2階席6列目?35、36? 母と娘(20代?)、娘が母に説明している。同じく、2回席、7列目?38、39? 息子(小3?)と母、母が息子に説明している。


さらに、7列目?35、36? 年配の女性二人が感想?を語り合ってる。


◆さて、屋敷から色々持ち出す、3人組。


 今回は、「何それ?」

  「コシヒカリ」

  「重そうだね」

  「米だから」

 


◆「GATO」のほうでは、「黒猫のタンゴ」の時に、朝美絢さん、

 

 「新潟のあれを食べ過ぎちゃって・・・」


 「コシ」  「がヒカリ」

 
 「腰が光ちゃって」(本当に腰のベルトのランプが10くらい点灯)

 
 その他にも、一つの演目の終わりの掛け声が「コメ」だったり、

 
 と、新潟は、「コシヒカリ」で攻めてきた。(笑)

  

自分も「コシヒカリ」は浮かんだものの一つだけど、

駄洒落にできないな、と却下していたのに、こうきたのね。

 

 

◆「りゅうとぴあ」の職員さんが、若い女性が、会場前の注意点をアナウンスするのだが、ちょっとゆっくり過ぎて、文として理解するのには、ワーキングメモリーが

苦しい。


知能検査のITPAなんか、読まれたいくつかの数字を、記憶して

それを答える検査項目があったが、WISC-III なんかよりも、

やや早めに読んでいるのだ、と聞いた覚えがある。


あと、「ロマネスク」が終わりそうな頃に、遅れてきた人を誘導した

これまた若い女性スタッフ、2階席後ろで、ライトを点けたのが、

客席でわかるようなライトの向きだったので、

思わず、後ろを見てしまった。


しかも、不慣れなのか、前を歩きながら、階段で転けそうになっていた。

 

 

◆磐田、静岡、長野、新潟の会場で、wi-fi があったのは、磐田の「カタリア」。

 

 「カタリア」はJRの駅からバスを使わないと行けないくらい遠く、

 公演終了後に、無料の臨時バスを3台は用意していた。

 

 新潟は、「有料のバス」を準備したらしい。

 ま、歩いて、駅まで行った人も10人はいなかったようだけど、いたようだった。

 タクシー、公共交通バスで駅に行く人たちも多かったのでは。


閲覧数533 カテゴリ観る・聴く 投稿日時2024/04/26 00:14
公開範囲外部公開
■プロフィール
Rimbaudさん
[一言]
「教育」と「障がい、学校、家庭」について、「原理・原則」が見つけら…
■この日はどんな日
ほかの[ 04月26日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み